【子供の安全を確かめたい!】GPSキッズ携帯で子供の居場所をいつでも確認できる!

5.0

「子供が一人で外に出かける時期がやってきたけど、どこに行ってるのか心配…」

子供の安全を第一に考える親御さんや祖父祖母の方々におすすめキッズ携帯のご紹介です!

シンガポール発の子供家電、GPSキッズ携帯「Oaxis Japan」のmyFirst Foneシリーズをご存知でしょうか?

myFirst Fone R1とmyFirst Fone S2があり、どちらも子供が1人で外に出かけるようになって心配なママの気持ちの解決策を提供してくれます。

myFirst Foneは位置情報の取得だけでなく通話ができるので、子供の居場所を確認できるだけでなく、安心してコミュニケーションを取ることもできます。

子供を持つ親としては必ず通る道ですが、少しでも多く子供の安全を確保してママもできるだけ安心して過ごしたいですよね。

しかも小型で学校に持って行く事もできそうなんです。

今回はこのmyFirst Foneの提供するサービスについての解説をいたします。

さあ、子供の安全を確かめながら自由に遊ばせてあげましょう!

小学生になる頃、こんなお悩みはありませんか?

  • 子供が一人で外に出かける時期が来たので心配で不安…
  • 子供の居場所がわからなくて心配で仕方がない…
  • 子供と通話ができる手段がほしい!

そんな悩みを解決するのが「Oaxis Japan」のmyFirst Foneシリーズです。

この商品はGPSキッズ携帯でありながら、腕時計型の小型の携帯なので携帯にも非常に便利。

この大きさですが子供の位置情報をリアルタイムで取得できるだけでなく、通話機能も搭載しています。

なので外出していてもいつでも子供の安全を確認しながら、自由に遊ばせてあげることができます。

リアルタイムで子供の位置情報を取得

基本的なことですが、まずはmyFirst FoneシリーズはGPS機能によってリアルタイムで子供の位置情報を取得することができます。

専用アプリを使っていつでも子供の居場所を確認できるので、子供が1人で外出していても安全を確保できますし、ママは仕事先や移動中、どこからでも居場所を確認できます。

通話機能でコミュニケーションをサポート!

「Oaxis Japan」のmyFirst Foneシリーズの大きな特徴は通話機能が搭載されており、子供とのコミュニケーションをサポートしている点があげられます。

いわゆるキッズ携帯の役割と同様に、緊急時には子供に直接電話をかけることができ、安心して連絡を取ることができます。

子供の居る場所を知るだけでなく、連絡を取りたいママにはもってこいですね。

外でも安全な領域を設定できる!

「Oaxis Japan」では、事前に安全な領域を設定することができます。

この設定をしておくと、子供が設定した領域を外れた場合には、ママやパパなどのスマホに自動で通知が届くので、子供の居場所が把握しやすくなります。

もしも普段行かないような所に行ってしまった場合にはすぐにわかりますし、通話機能を使えば連絡を取る事もできるので、子供を外で遊ばせている時でもママの安心感が大きく変わります。

安心して子供を外で遊ばせることができるとストレスがだいぶ減りますね。

耐久性があり安心して使用できる。

ちょっと気になるのが耐久性。子供に持たせるものなのですぐに壊れてしまわないか?これについても「Oaxis Japan」は耐久性に優れており、子供の元気な遊びにも耐える頑丈な設計がされています。

特に心配なのが水に濡らしてしまうことかと思いますが、myFirst FoneシリーズはIPX7もしくはIPX8レベルの防水性能に加え、水深2mで最大1時間、本体をつけたままでも泳ぐことができます!

子供が使用することを想定して、さまざまな環境に対応し、長期間にわたって安心して使用することができる設計になっているんですね。

日本国内でのサポート体制も充実。

シンガポール発のこの製品ですが、「Oaxis Japan」は日本国内でのサポート体制も充実しており、万が一の際にも安心できます。

日本語のサポートがあり、問題があった場合にも迅速に対応してくれます。

また「myFirst Fone R1」のみですが、小さいお子様に分かりやすくよう、言語に「にほんご(ひらがな)」が追加されました。大人が操作する部分は漢字を含んだ日本語で表示ですが、小さなお子様が使う部分に関してはひらがなでの表示があり、6~7才ぐらいのお子様でも簡単に色々な機能を覚えれます。

シンガポール発の子供家電【Oaxis Japan】

対応しているSIMカードと料金プラン

Oaxis JapanのmyFirst Foneシリーズには、専用のSIMカードと料金プランが提供されています。以下にSIMカードと料金プランの概要をご紹介いたします。

SIMカード

myFirst Fone専用のSIMカード「myFirst FreeSIM」が用意されており、myFirst Foneに挿入して利用します。
SIMカードは事前に購入し、myFirst Foneにセットアップすることで利用が可能です。

料金プラン

「myFirst Fone」専用データSIM 「myFirst FreeSIM」をはじめて契約するお客様には、現在は最初の3ヶ月のご利用料金は0円で提供しています!3ヶ月後の月額料金は980円(税込)。

このプランには、通話時間やデータ通信量が含まれており、利用期間中はこれらのサービスを利用することができます。

利用期間が終了すると、自動的にプランが更新されますが、解約も可能です。通話ができない見守りGPSと比較してもそれほど変わらないリーズナブルな月額料金。解約に関する違約金もなく、いつでもご解約できるのも安心です。

「myFirst FreeSIM」の回線はソフトバンクの回線を利用しているので、スマホが繋がるエリアであれば全国どこでも利用できると考えて良いでしょう。

携帯電話会社のSIMカード

またmyFirst Fone R1では日本国内のSIMカード会社のプランも利用可能。

対応している会社とプランは以下のようになっています。

SIMカード会社 プラン APN 名前
IIJmio NTT回線 iijmio.jp
BiC SIM NTT回線 iijmio.jp
Y!mobile ソフトバンク回線 plus.acs.jpまたはplus.acs.jp.v6
イオン モバイル タイプ1 NTT回線 i-aeonmobile.com
ビッグローブ NTT回線 biglobe.jp
HIS モバイル ソフトバンク回線 NTT回線 dm.jplat.netまたはsb.mvno
LINEMO ソフトバンク回線 plus.acs.jp
myFirst Free SIM ソフトバンク回線 private2000.pccwglobal.hktdcp
NTT Docomo SIM NTT回線 spmode.ne.jp
Softbankシンプルスタイル4G ソフトバンク回線 plus.4g
y.uモバイル NTT回線 yumobile.jp
TONE モバイル NTT回線 dream.jp
NUROモバイル ソフトバンク回線 so-net.jp

パパやママのスマホと同じ携帯会社を利用するとより安い料金で利用できるかもしれません。

*料金プランの詳細やオプションサービスについては、Oaxis Japanの公式ウェブサイトで最新情報をご確認いただくか、カスタマーサポートにお問い合わせいただくことをお勧めします。

学校に持ち込める?

学校によって持っていくことが禁じられている場合もありますが、myFirst Foneはバンドを外してカラビナを使ってランドセルにかけたりランドセルの中に入れておくこともできますので、学校によっては持ち込みも可能なのではないでしょうか?

またクラスモード(マナーモード)というモードも搭載していて、授業中にはアラームなどの音が鳴らないように設定することもできます。このクラスモードにする時間帯の設定は親から設定でき、このモードの間はSOS機能以外全部使えませんし、アラームもなりません。

まとめ。

「Oaxis Japan」のmyFirst Foneシリーズを使うことで、子供の安全を確保しながら、自由に外で遊ばせることができます。

リアルタイムの位置情報取得や通話機能を活用し、子供とのコミュニケーションもサポートします。

耐久性があり、日本国内でのサポート体制も充実しているので、安心してご利用いただけます。

子供の成長と安全を第一に考える親御さんや祖父祖母の方々におすすめの商品ですので、今すぐ「Oaxis Japan」のmyFirst Foneシリーズを購入して、子供の安全を守りながら自由な遊びをサポートしましょう!

シンガポール発の子供家電【Oaxis Japan】

コメント