Wonder Boxの推奨端末とコレで決まりなおすすめのタブレット。

みなさんはWonderBoxという幼児向けの通信教材、もうご存知ですか?

WonderBoxは今話題のSTEAM教育という教育概念に基づいて、子供の創造力を育む、これからの時代にピッタリな通信教材です。

タブレットを使って、定期的に配信される専用のアプリによる学習の他に、実際に手を使うアナログな教材を組み合わせたハイブリッドな教育が受けられるのが特徴ですが、今回はこのWonder Boxに必要なタブレットの仕様と、推奨されるタブレット端末をご紹介します。

WonderBoxの動作環境。

まずは公式ページで動作環境を確認してみましょう。公式ページによると、WonderBoxを利用するために必要なタブレットの動作環境は

【動作環境】

  • iPad/iPhone端末:[OS] iOS 11.0以上、[メモリ/RAM] 2GB以上
  • Android端末:[OS] Android 5.0以上、[メモリ/RAM] 2GB以上
という事です。
この条件に対応していない端末の場合、アプリが正常に動作しない可能性があります。また、この条件を満たしても一部の端末では動作が不安定な場合がありますので、まずはおためし版で持っているタブレットでちゃんと使えるのかを確認するのをお勧めいたします。
iOS11は、2017年の9月にリリースされたOSで、iPad AirやiPad mini2、iPadの第5世代以降の機種であれば、最初から入っているOSです。
一方でAndroid 5.0は更に古く、2014年にリリースされています。

2015年の10月にはAndroid 6.0がリリースされています。

という事ですので、現在ご家庭で使われているタブレットの多くはこの条件を満たしているでしょう。

ついでに、ワンダーボックスはAmazonの端末のFireタブレットにも対応していますので、持っていれば試してみてください。(FireタブレットのOSは「FireOS」です。)

ただ先ほども触れたように、一部の端末では動作が不安定という事ですので、ワンダーボックスの無料のお試し版で確認ができるようになっています。自宅のタブレットが使えるかどうか?動作確認をしてみると確実ですね。

【無料お試し版をやってみる!】

ワンダーボックスの利用にはタブレットが必要?

ワンダーボックスは、タブレットだけではなくスマートフォンでも動作するので動作環境を満たしているスマホなら使うことができます。

ですが結論から言うと、小さな子供が利用するワンダーボックスの受講にはタブレットを用意するべきだと思います。

その理由は次の通り。

  • スマホだと画面が小さくて目に悪い。
  • 画面が小さいので操作もしずらい。

スマホの画面サイズは7~8インチぐらいではないでしょうか?タブレットがおすすめな理由は主に画面のサイズが子供の利用には大きい方が良いからです。

スマホのように小さな画面ですと、どうしても画面に近付きがちになってしまいます。

また画面に絵を描くような教育コンテンツもあります。小さな画面ではうまくできなくて子供も嫌になっちゃいますね、それを理由に取り組まなくなってしまうのはもったいないです!

  • チャレンジタッチのタブレット:10.1インチ
  • Amazon Fire HD 10 キッズモデル:10インチ
  • スマイルゼミのタブレット:10.1インチ

このようにチャレンジタッチやスマイルゼミの専用端末の画面サイズはどちらも10.1インチ、Amazonキッズ向けのタブレットも10インチですので、子供にはこのぐらいのサイズがおすすめですよ。

ワンダーボックスの公式サイトにも、”タブレットの方がよりお楽しみいただける内容となっております。”という記載があり、端末を推奨しています。

WonderBoxにおすすめのタブレット。

 

子供が利用するためのタブレットが自宅にあるご家庭もあるかと思いますが、子供、特に幼児からでも使いやすいタブレットを購入する場合のおすすめの条件は、

  • 画面サイズが10インチ以上。
  • 防水機能のあるタブレット。
  • 使用に制限がかけられる。

というのがポイント。しっかりとしたカバーがあったり、壊れにくいという事も大切かもしれません。

そして値段もあまり高くないものが良いですね。

日本国内で正規販売されているモデルの中で、画面サイズがお子さまの使用に適した10インチ以上。

そして値段もお手頃なタブレット端末では、以下のタブレットがおすすめです。

■iOS端末

Apple iPad

学校教育でも人気のiPad。ワンダーボックス公式の推奨端末にもなっています。

画面のサイズは10.2インチで、使いやすさならやっぱりiPadが抜群ですし、動作もスムーズ。子供にとっても直感的に使いやすく、操作性も抜群です。

第5世代以降のiPadが使えますが、第7世代からは値段も下がって購入しやすくなりましたね。実際にiPadの第7世代あたりでワンダーボックスの受講をしている方は非常に多いです。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥46,480 (2022/11/30 02:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

ただ残念ながらiPadは防水機能がありません。

子供に使わせる場合、防水ケースは非常に重宝するでしょう。

■Android端末

LAVIE Tab E(TE710/KAW)

NECのLAVIE Tab Eシリーズ。

画面サイズは10.1インチで、キッズモードあり、防塵・防滴性能を備えているので、まさに子供に使わせるのにうってつけのタブレットです。

利用できるアプリや時間を制限する事もでき、安心して子供に持たせる事ができるでしょう。

Lenovo Tab P10(ZA440021JP / ZA450125JP)

軽くて薄いのが特徴の10.1インチタブレット。

LAVIE TABと同じく、使用を制限するキッズモードでは、明るさやブルーライトも低減されるようになっています。

コスパにも優れ、家族みんなで使えるタブレットです。

以上がWonderBoxを利用する時におすすめのタブレットですが、通常のタブレットとしても、子供も大人も家族みんなで使うのにも十分な機能と性能があります。

単純にWonderBoxで使えるタブレットというのは数多くありますが、子供向けには上記で紹介したようなタブレットがおすすめ。

ちなみにタブレットを使った幼児教材のスマイルゼミ専用タブレットは、12ヶ月の継続で9,980円という値段で購入でき、解約後には簡単にAndroid端末として使えますが、使用感ははちょっと物足りないようです。

同じく専用タブレットを使うチャレンジタッチのタブレットは、アンドロイド端末として利用するのは難しいようですね。

条件を満たしていれば端末を選ばないワンダーボックスですが、子供専用にするにしても家族で一緒に使うにしても、他の用途にも使えるスペックのタブレットを購入すると良いでしょう。

子供専用に割り切る場合、Amazon Fire HD 10 キッズモデルなら、数千点のキッズコンテンツを楽しめますし、制限機能や年齢フィルター、更に2年間の保証付きでタブレットが破損・故障した場合でも、返品すると無償で何度でも取替えてくれます!

遊びも学びもこれ一台、ワンダーボックスも使えるので、これは良いかもしれません。

WonderBoxのアプリ。

では実際にこれらの端末を使って利用できるWonderBoxのアプリの一部を簡単にご紹介します。

  • そっくりさがし…2つの全く異なる絵から共通点を探しだす。
  • ピクタネット…4種類の図形を使ってお題の図形を完成させよう!
  • ずっこけびじゅつかん…創造力を発揮して2コマまんがのオチを考えよう!
  • アトラニアス…算数オリンピック並みの難問に挑戦。
  • たいせんボードゲーム…オンライン対戦できるボードゲーム。
  • コードクラフターズ…プログラミングの思考を身につける。

などなど。

いずれのアプリもやはり画面サイズが大きい方が楽しめるコンテンツです。ついつい時間を忘れて長時間やってしまいそうですが、WonderBoxのアプリには、自由に設定できる時間制限の機能があります。

もちろんキットと連動してアナログと合わせて学べるアプリもあります。

学ぶことが楽しい!考えるってワクワクする!そんな気持ちを育ててくれながら、思考力、創造力、論理的思考を伸ばしていくSTEAM教育に取り組めるのがワンダーボックス。

効果的に利用するにはやっぱりタブレットが必要だと思います。

まとめ。

子供のための教材として、WonderBoxを検討している方に、動作環境と使えるタブレットの中でもおすすめのタブレットをご紹介しました。

WonderBoxは学校の教科書にならった学習が目的ではありませんが、STEAM教育の概念に基づき、楽しみながら知能を伸ばしていくための教材です。

子供のための新しい通信教育のWonderBoxでSTEAM教育を学ぼう。
日本の学校の教育は今、大きな変化の時期を迎えています。 学校の教科の勉強も必要ですが、これからの時代を心も豊かに生きていくタメにもっと必要なのは、 思考力や創造力。 個性の時代になってしばらく経ちましたが、今後はも...

新しい分野の幼児教育に関心がある方はぜひ、試してみてください。

学ぶ意欲が育つ事によって、自然と学力も上がってくるでしょう。

また、アプリとキットを使ってデジタルとアナログの両方を学べるのも魅力の一つでしょう。

幼児期から思考力と創造力を培う事で、困難な問題にも柔軟に対応できる力も身に付ける事は、学力だけでなく、生きていく上で重要になっていくと思います。

STEAM教育を一早く体験して、子供の可能性を引き出してみませんか?

【STEAM教育をお子様に】

コメント

タイトルとURLをコピーしました