小学生の忘れ物は届けるべき?親の責任は何歳まで?

小学生の子供が忘れ物をした時、その忘れ物を届けますか?それとも届けないようにしてますか?

 

小学生のお子さんを持つママの皆さん。

お子さんが、忘れ物をして学校に行ってしまうことありますよね?!

そんな時どうしていますか?

昼間働きに出ているから、物理的に届けることができない。

もちろんそんな方もたくさん居ると思います。

それは仕方がないことだと思います。

でも、専業主婦だったり、届けられる時間は家に居るママは、届けることが可能ですよね。

小学生が忘れ物をした時どんな対応をすればいいのか?

小学校によって対応や方針が違ったり、学年によって変わってくるので、自分の経験を踏まえて、考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

■一年生〜低学年の間は親にも責任がある

まずは自分の子供のことを書きます。

私は、子供が低学年の頃は基本的には忘れ物に気が付いた時は届けるようにしていました。

理由は、

低学年の間は忘れ物を一緒にチェックするのも親の仕事だと思っていたからです。

つまり、一年生〜低学年の間は、忘れ物は親の責任。

学校に迷惑もかけられないので、忘れ物をすると、

「あ〜!」

と、親の私の方が責任を感じて慌ててしまっていたような感じでした。

まだ自分で忘れ物をしないように準備をするのは難しい時期ですね。

だからと言って、忘れ物をしても親が届けてくれるのが当たり前。という意識のまま育ってしまうのも困りもの…

この期間に少しずつ自分で準備できるようにしていきたいですね。

学校によって違う忘れ物の対応。

うちの子は3年生になる時に転校したので学校が変わりました。

学校側の対応もあるのですが、1、2年生の頃通っていた学校(その地域)は勉強にも生活態度にも厳しく、忘れ物があると家にも電話がかかってくる学校でした。

 

学校に届けると、忘れ物対応の職員の方もいて

「学年 組 名前 忘れ物の内容 何時間目で使うか」

などの紙を書いて一緒に渡すという。。。

(今思うとちょっとやりすぎな気もするのですが。)

ま〜そんな感じの学校でしたので、結構頻繁に忘れ物を届けていました。

 

それでも、親も気づかないで忘れ物をさせてしまうことありました。

厳しい学校だったので、例えば

上履き袋を忘れたので立たされた。

とか聞いた時はちょっとビックリしましたが。。。

 

でも、低学年の間にそういう学校に通わせたおかげか、自分で忘れ物がないようにチェックをする習慣が身についた様です。

また、子供自身も忘れ物をすると厳しめに言われていたのか、

「届けてくれてありがとう」

の感謝の気持ちが育ったのではないか?ということは忘れ物に厳しい小学校でよかったのではないかな〜と思います。

 

■中学年・高学年は忘れることも勉強。

中学年(小学校3年生)で別の地域に転校してきたのですが、新しい小学校は

「宿題も、授業で使う道具も、忘れ物は基本的に学校に届けないでください。」

という学校で、私は最初、逆に戸惑いました。

子供に聞くと、忘れ物をしても先生に怒られたりすることもないということ。

 

忘れ物について先生に聞くと、

「3年生は低学年と違い、自分で準備をして登校してくるということが大事。

よっぽどのことがない限り、学校で代わりの物がないことはありません。

忘れ物をしても、今後気をつけようと思う気持ちがあれば大丈夫です。」

ということでした。

 

なんだか1、2年の頃に通っていた学校とあまりに違うのですが、これはこれで

「なるほど。」

と思わされました。

忘れ物をしたことは決していいことではありませんが、子供が自分で準備する事、忘れ物があっても

「今度は気をつけよう」

と思うことが一番大事な勉強ですものね。

そして忘れ物をしても先生に話すなどして、親に頼らずに何とかする事も大切なようです。

 

親は、1、2年生の頃にどれくらい子供と一緒に忘れ物がないように準備をできていたか?その成果が3年生から試されているような感じがしました。

ついついチェックしたくなってしまいますが、このぐらいの年齢からは自己責任の気持ちを育てるためにも、とにかく子供を信じて見守り、

「しっかり頑張ってね!」

という感じです。

届けた方が良い忘れ物。

小学生でも中学年ぐらいからは、忘れ物はなるべく届けない方が良いという事を書きましたが、忘れ物の内容によっては届けなければならない物もあります。

例えば

  • 普段から飲んでいる薬。
  • 期日が決まっている提出物(家庭から学校への)

他に多いママ達の意見では、暑い日の水筒は届ける。という意見。

体調に関わる物や、いわゆる事務的に必要な物は届ける場合が多いようです。

そして、届けるかどうか悩むよりもすぐに届ける!という物が、

  • 運動会や遠足のお弁当。
  • 発表予定の作文。

など、とにかく忘れるとめちゃくちゃ可愛そう!という物は、もう考えずにすぐに届けに行くママが多いようです。

これは親心ですね。

 

■忘れ物をしないようにする習慣。

忘れ物をしないことが一番なことはわかっていますが、大人だって忘れ物ってあります。

忘れ物をしないようにする為にはどうしたら良いのでしょうか?

子供が忘れ物をしなくなるような習慣の作り方について考えてみます。

最近の子供達は帰りの会で「連絡帳」に「明日持ってくるもの」を必ず書かされています。

それでも、忘れちゃう・・・

そんなこともあります。

 

連絡帳をチェックしていたら、一言ママから

「〇〇、持った?」

と声をかけて確認するだけでも安心ですよね。

 

それから、普段必ず持っていかなければいけないものは、チェック表を作ってあげて、毎日それを使って自分でチェックする習慣を自分で身につけるとグンと忘れ物が減ります。

 

また、玄関ドアなどに、ホワイトボードなどを貼って、次の日絶対に忘れられないものを書いておくというのも効果的です。(大人と一緒ですね。)

 

低学年の間は特に、自分でチェックして、何も忘れ物がなければそれは十分褒めてあげられることです。

「自分でチェックして忘れ物がなかったの?すごいね」

と子供を褒めてあげることで、さらに次の日も気をつけられるようになります。

 

■まとめ

今回は、小学生の忘れ物を届けるか届けないか?

に加えて、どうしたら忘れ物をしないようにできるか?などを考えてみました。

学校によって、忘れ物は届けないでくださいという学校もあれば、忘れ物は親の責任として持ってきてください。という学校があるようですね。

忘れ物の内容と小学校の方針にもよりますが、低学年の間は、親の責任として届けてあげられる状況であれば届けるのもいいと思います。

忘れ物は届けないという意見の人の理由は、

  • 自己責任の気持ちを育てる。
  • 忘れ物をしても自分で何とかする力を身につける。

中学年以上になったら自己責任として、なるべく忘れ物がないように、親も気をつけてあげながら見守ってあげる側に回り、自分でチェックできるようにしましょう。

 

学校に上がったとはいえ、まだまだ身の回りのことに手がかかる小学生。

たかが忘れ物ですが、

自分で身の回りのことをきちんとできるようになってもらえるように。

親ができることをしてあげたいですね。

コメント