田舎で教えてもらったお餅のカビの簡単なとり方。

お正月の食べ物といえばお餅!今時は鏡餅と言っても、真空パックになってたり、個別包装のお餅が鏡餅の形の入れ物に入っていたりして、あまりカビが生える事って無いですね。

でも私の旦那の実家は田舎なので、毎年お正月やお祝い事があると、お餅をついていました。

しかも大量に!

当然のように余ってしまい、ついたお餅なのでカビる事も当然。

そんなカビてしまったお餅の食べ方や、田舎で教えてもらったお餅のカビの取り方、田舎のお餅にまつわる話などをご紹介します。

スポンサーリンク

田舎でのお餅をつく習慣。

真空パックのお餅しか食べた事がなく、カビの生えてしまった餅を食べたことがなかった私ですが・・・

田舎育ちの主人と結婚してからというもの、何かお祝い事があった際やお正月、それから厄除けにと、

わざわざ、家族でそろってお餅をつく。

という習慣となりました。

お祝い事のお餅では、ご近所さんにもお配りし、厄年についたお餅は、どんど焼きの際にみんなで焼いて食べてしまうという流れなので、お餅が余ってカビてしまう…ということはないです。

でもお正月には、近所の方も皆さんが作るのにもかかわらず、大量に作ってしまうことがしばしば…

(田舎なので、足りないことは失礼なこととされるのです。)

その為、毎年大量なお餅が余ってしまいます。

お餅にカビが生えない方法。

お鏡餅として、飾らない分は、すぐに冷凍庫に入れて保存しまえば、簡単にはカビも生えません。

やわらかいうちに小さく切ったり、薄く延ばしたりしておかきにしてしまうと、カビないで後から美味しく食べられます。

ついたお餅をおかきにする時は、作り方も簡単で、乾燥させて油で揚げるだけなんですね。

カビが生えたお餅は食べても大丈夫?

ですが、お鏡餅はいたるところに飾り、かなりの数になります。

ついたお餅は、キチンと保存しないと、どうしても乾燥してすぐにわれてしまったり、緑色のカビがはびこってしまいますので

鏡ひらきの時までにカビが生えない餅はない!

といっても過言ではないほどです。

しかし、こういうお餅って縁起物なので、粗末に捨てるということはできませんよね?

結婚当初の私には、カビの生えたものをわざわざ食べなくてもいいのでは?

カビが生えたものなんて食べて大丈夫なのだろうか?

と不思議でなりませんでしたが、主人の父は、

”アオカビならチーズだってそんなようなものがある!焼いて火を通したらいいんだ!”

と言って焼いて食べていました。

確かに体調を崩す事もなく、なるほど!とも思いましたが、実はなんだかんだ祖母がカビをきれいに落としていました。

やっぱりお餅のカビを食べるのは良くないのでしょうね。

 

田舎で教えてもらったお餅のカビの取り方。

カビの生えたお餅なんて食べたことのない私でしたから、結婚当初は、恥ずかしながら、

お餅のカビの取り方。

なんて知らず、硬くて、割れてしまっているお餅を一生懸命包丁で削ろうとしていました。

お餅のカビの取り方は削り取るというのが一般的ですが、どうにも硬くてうまくいかず、手が痛くて痛くて…

悪戦苦闘していたら、主人がやってきて教えてくれました。

まず、餅を水に浸しておいて、柔らかくし、それから削るとカビを取りやすいと。

実際にやってみると、本当に全く違いました!

カビが滑らかに削り取られてくれ、時間短縮にもなりました。

水に浸けておく時間は、私は、半日ほど放置していたのですが、もしかすると、水に入れ、電子レンジで少し加熱してあげると、早くやわらかくなり、もっと時間短縮になるかもしれませんね。

 

来年はその方法も試してみようかな?と思います。

他にも少ないカビであれば、タワシでこすって洗い取るという方法も教えてもらいました。

昔からの方法なので、このようにカビをしっかり取れば、カビが生えてしまったお餅も食べられるのではないかと思います。

 

コメント