銭湯に女の子は何歳まで男湯に入れる?意見が分かれる世間の常識。

父親と一緒に男湯に入っている女の子。

とても微笑ましい光景だと思いますが、そう思わない人もいるのが事実ですね。

実際のところ、女の子が男湯に入るのは何歳までが許されるのか?

各都道府県によって、条例で年齢の上限を定めていたり、銭湯によっては、自主的に何歳までオーケーかを表示して協力を求めていたりと、対応には様々なケースがあるようです。

一概に男湯に女の子が入れるのは何歳までかを決める事は難しいですね。

ですが、概ね、何歳ぐらいまでが許されるのか?情報をまとめましたので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

都道府県の条例によると?

主な都道府県での異性がお風呂に入れる年齢についての条例が、『公衆浴場条例』に定められています。

例えば、

東京都:10歳以上

名古屋市:8歳以上

京都府:7歳以上

は、混浴をさせない事と定められています。

年齢が最も低いのは京都府で、条例で「7歳以上の男女を混浴させないこと」としています。

逆に最も年齢が高いのは北海道。北海道も条例により「12歳以上の男女を混浴させないこと」となっています。

12歳というと、小学校6年生です。ちょっと無理があるような気がしますね?

それとは別に、厚生労働省でも

共同浴室においては、おおむね10歳以上の男女は混浴させないこと。

としています。

施設によって身長による制限も。

条例とは別の基準で、混浴の規制をしている施設もあります。

「東京お台場 大江戸温泉物語」では、

「9歳以上または身長120cm以上のお子様は、各男女性別の浴場をご利用ください」

と注意書きに明記されています。

大阪府狭山市の「スパヒルズ」では、

「男女の混浴は性犯罪の低年齢化に伴い当店では115cm未満のお子様に限らせて頂いております」

というように定められています。

こういった身長による制限は、外国人がよく訪れる施設で定められている場合が多いようです。

日本の銭湯事情。

日本では、母子家庭や父子家庭で、家にお風呂が無いとい家庭も、昔は少なくありませんでした。

異性の子供を連れて銭湯に行くというのは、当たり前の時代もあったんですね。

一方で海外に目を向けてみると、特に欧米圏では、例え親子といえども、異性での入浴は「非常識」とされ、特にアメリカでは、家でお父さんと娘が一緒にお風呂に入るだけで「児童虐待」とみなされてしまいます。

そもそも銭湯文化の違いがありますので海外と比較することは難しいですが、生活も欧米化している中では、考え方も少し変える必要があるのかもしれません。

日本の銭湯の現状。

実際に日本の銭湯で、女の子を連れて男湯に入るお父さんはまだまだ珍しくないです。

特に日曜日には、子供をお父さんに任せて、お母さんはゆっくり1人でお風呂に入れる良い機会にもなっています。

わが家の近所の銭湯でよく見かける光景としましては、5〜6歳ぐらいの女の子がお父さんと一緒に男湯に入っていく姿をよく見かけます。

一般的に多い意見は6歳まで。未就学児は混浴オッケーという意見が多いですね。

逆に、単に子供が騒がしくてイヤだという理由で毛嫌いする方もいらっしゃいます。

まとめ

地域や施設によって決まりには差があります。

子供の成長の状況によっても変わりますね。

都道府県の条例では、そんな状況に配慮して少し緩めに設定しているのでしょう。

条例で大丈夫だから!

という理由だけでは決められませんね。

結局、最後に決めるのは親自身です。

子供が嫌がる場合もありますし、幼い頃にイヤだったという女性もいます。

現在はレジャーとして、楽しみとして銭湯に行く家族が多いです。

子供も大人もみんなが楽しめるよう、そして周りに迷惑をかけないように、銭湯に行きましょう。

 

コメント